【お金1つで人の本性が垣間見える恐ろしさ】 | 誰か100万貸して!どうしても.org

【お金1つで人の本性が垣間見える恐ろしさ】

こんにちは!今回は誰か100万貸して【お金1つで人の本性が垣間見える恐ろしさ】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 

 
 

誰か100万貸して【お金1つで人の本性が垣間見える恐ろしさ】

私がしてしまったお金の失敗談は自分が積極的にやった寄付がうちの親にとってはかなり不愉快なことでしかもそれをお金を捨てていると解釈されたことです。

私にとっては失敗でもなんでもないと思っていますが、周りの人にそのような印象を与えている時点でおそらく失敗なんだろうなと思いそのエピソードを書かせていただきました。

あの時の経験は本当にストレスがたまってイヤでした。

特に1番イヤだったのが母の態度です。

母の態度は人のことをよく悪く見てかつ自分のことはまるで棚に上げていて自分のことが見えていないくせに私のお金の使い方に関してボロクソに文句を言ってきたところです。

正直なところ今でも腹が立ちますし自分のことを見えていない人間は本当に馬鹿らしくまるで説得力がないという悪いところだけがわたしにはたくさん写りました。

なのでお金を使う時は相手にも良い印象を受けていけるようにしかつバレたらいちいちめんどくさい相手には聞かれないようにしていきたいなと思っています。

誰か100万貸して【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

学習塾の契約を解除して、個人で学習する方法に切り替えたこと。(私が節約を決意した理由)残高が少なかったことや予算以上の金額がかかったこと。

誰か100万貸して【実際どれくらい節約できるの?】

削減効果は年間50万円ほどで、テキストやソフトで学習することで時間や日程など都合よく解放されたことや、臨機応変に対応できること。

誰か100万貸して【継続的に節約する為に】

予定があれば、おもいきって予算を立て、必要に応じた出費に抑えることで、学習や設備関連、資格取得費などは確保してあり、対応もいち早くできること。

誰か100万貸して【私のお金の体験談をシェアします】スーパーでの青果の品だしの仕事

スーパーで品だしのバイトをしていました。野菜などの青果を担当していました。仕事内容は至って単純なもので、お客さんが購入して野菜が少なくなったら補充をするというものでした。適当に並べているだけだとそれまでは思っていましたが、意外と品だしの仕事は奥が深いものでした。季節によって旬の野菜や果物があります。その旬の青果をどこに並べるか、また、キャベツやニンジン、玉ねぎなどの毎日の料理に欠かせない野菜などはメインでよく見える位置に並べたりと、毎日の入荷によって陳列を変えていました。自分が品だしをして、陳列した野菜が売れていた時はとても嬉しい気持ちになりました。もっと売れるためにはどう並べようかなと考えるのが楽しみになりました。品だしというのはとても地味で単純作業に見えますが実は、どうやったらお客さんが買ってくれるかなどしっかりと店員さんが考えていたんだなと初めて知りました。私はとても誇りを持って品だしの仕事をすることができました。

諦めないで!私が伝えられること

はずは、費用の下調べをしておき、目的や必要に応じた費用の確保を手元に用意しておき、封筒などで必要費用は入れておくことで、管理しやすく、用途も把握でき、いざという時に決済できる手段も考えられます。
注意するべきことは、契約方法や期間なども注視することで、費用の違いも調べることです。

誰か100万貸して!どうしても.org