【半額以下という甘い誘惑で大失敗】 | 誰か100万貸して!どうしても.org

【半額以下という甘い誘惑で大失敗】

こんにちは!今回は誰か100万貸して【半額以下という甘い誘惑で大失敗】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 

 
 

誰か100万貸して【半額以下という甘い誘惑で大失敗】

近所の家具屋さんで閉店セールをする、という情報を入手しました。

ちょうど買い替えたいと思っていた家具があったので、閉店セール初日に家族で行ってみることにしました。

予算は決めていましたが、ポイントを貯めたかったので、クレジットカード払いのつもりでした。

さすがに混雑していて、半額以外の商品がどんどん売約済みになっていくのを見ていると、購入する予定ではなかった家具も買わないと損に感じてきてしまいました。

何となく欲しかった家具で理想的なものが激安になっているのを見つけると、とりあえずおさえておくことに。

雑貨なども含めて手元にはいつの間にか大量の商品。

しかし、どれも手放し難くなってしまい、手放した瞬間に他のお客さんに取られてしまうのは悔しい、という思いになってしまい、結局全て購入することにしてしまいました。

現金を用意していたらそんなことにはなりませんでしたが、初めからクレジットカード払いのつもりだったので予算オーバーでも大丈夫と大きな気持ちになったのです。

完全に使いすぎでした。

カード会社からの請求書を見て失敗した!と愕然としました。

誰か100万貸して【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

交通手段のバイクをレンタルバイクにして整備費、その他を浮かすことができました。(私が節約を決意した理由)貯金の底が見えてきてしまい生活に困りそうになったので

誰か100万貸して【実際どれくらい節約できるの?】

整備費用、年間4万円、保険代13000円をレンタルすることにより浮かすことができ、車体不良の心配もレンタルなので解消することができました。

誰か100万貸して【継続的に節約する為に】

節約することにより浮いたお金を他に回すことができると考え自分で維持することよりレンタルの方が気が楽になりました。

誰か100万貸して【私のお金の体験談をシェアします】什器を磨くド短期アルバイトは楽で日当も良かったです

大学生のときにやったアルバイトで「什器磨き」というものがありました。情報誌を見て応募しましたが、実はそのとき「什器」とは何のことなのかも分からず読み方も知りませんでした。「じゅうき」と読み、店舗のショーケースや棚などの機材を主に指す言葉だったことを当日現場で知りました(笑)。

私達が担当したのは雑貨屋さんなどでよく見かけるスチールラックで、ガラスクリーナーで雑巾で汚れを拭き取るという簡単な作業でした。

ラックの台数も多くなく、汚れも全然酷くなかったですし、休憩もお昼と3時以外にも十分に頂いて、日当も12,000円程度と良かったのです。

単発バイトでしたが、雇い主さんからまた今度も来てくれと声をかけて頂き、その後数回お世話になって良いお小遣いになりました。

その時に教えてもらったのですが、クリーナーを使う仕事で溶剤を扱うために、割高な単価になっているとのことでした。

溶剤といっても市販のガラスクリーナーだったですし、換気も良くて何も困ること無く作業出来たので、今思うと美味しいお仕事だったなと思っています。

諦めないで!私が伝えられること

必要最低限の物は仕方がないと思っていましたがさらに知恵を振り絞って節約出来ないかと考えたら意外なことで節約することに成功するかもしれません。節約節約と考えしんどい時もあるかもしれないですが余裕を作ることでさらに節約できないか楽しめます。

誰か100万貸して!どうしても.org