【他人の失敗談ですが、600万円を投資してゼロになった話です。】 | 誰か100万貸して!どうしても.org

【他人の失敗談ですが、600万円を投資してゼロになった話です。】

こんにちは!今回は誰か100万貸して【他人の失敗談ですが、600万円を投資してゼロになった話です。】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 

 
 

誰か100万貸して【他人の失敗談ですが、600万円を投資してゼロになった話です。】

これは他人から聞いたお金の失敗談です。

私の知り合いにAさんという老人の方がいます。

Aさんと私の共通の知人にBさんという方がいます。

Aさんは、資産運用の専門家であるBさんに、

新規上場の株があるから投資しないかと、儲け話を持ちかけられ、

その会社の社長に会い、Aさんは信用し、600万円投資をしたそうですが、

その会社は上場前に倒産してしまい、600万円がゼロになったと私に話しました。

現在、Aさんは、その投資については、自己責任だからとは言っていました。

私の調べたところ、新規上場の株で成功した場合は、金額が数倍になるとのことでした。

現在のところ、Aさんは、資産運用では、トータルでは、1000万円以上、儲けているらしいです。

一方、Bさんは現在は、資産運用のエキスパートとして、活躍されているようです。

Aさんは、私には、決してBさんには資産運用の相談はしてはいけないと言いました。

そんなに上がり下がりが激しいのかと、資産運用の素人の私は、怖くて、株式投資なんてできません。

誰か100万貸して【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

光熱費でいえば、家の電気は1つだけつける。他は消す。
食費は3万円と金額を決め、その中でやりくりをする。(私が節約を決意した理由)せっぱつまった環境ではないですが、無駄なものを使わないとか、買わないとか。将来に貯金が少しでもできるように節約を始めました。

誰か100万貸して【実際どれくらい節約できるの?】

光熱費は.水道、電気ガスで節約した結果、トータルで2000円程安くなりました。
食費は金額を決めることで、1万円節約できました。
また金額が決まっているので、必要なものだけ買う癖がつくと、3万円も使わないときもあります。

誰か100万貸して【継続的に節約する為に】

記念日や、少し豪華な食事をした時などは、一回の食費が多くなるので、その後はかなり節制した生活になりました。
けれど、節約して、お金が貯金に回せたり、思った以上の金額が浮いてくると楽しくなります。楽しむことがポイントだと思います。

誰か100万貸して【私のお金の体験談をシェアします】大学生のコンビニエンスロマンス

大学生の頃、一人暮らしの家の近くのコンビニにて、バイトを始めました。

そこで始めた理由は家からだけでなく大学にも近く、無駄な時間がかからず、すぐに働けると思いました。ですがなにより、シフトが週2hから自由と、忙しい理系の自分にとってはぴったりの条件でした。

しかしながら、そんなうまいことはないと思い、面接を受けてみて、そのとき店長に聞いてみようとおもいました。

面接当日、早めにコンビニについてしまい、外でタバコを吸っていると、めちゃめちゃタイプの女の子がそのコンビニに入って行きました。

近くに住んでるならまた来るかもしれない!と思い、面接にて下心満載で猛アピールし、無事そのコンビニで働くことができるようになりました。

そして、ストーカーまがいですがその女の子が来た時間になるべくシフトを入れるようにしました。

その甲斐あってか、何度も顔を合わせるうちにプライベートでも遊ぶ仲になり付き合うことができました。

今年、その彼女と結婚をします。

コンビニバイトにも出会いがあると実感しました。

ちなみに付き合った後に知りますが、その女の子は店長の子供でした。

諦めないで!私が伝えられること

一度、何にお金を使っているのかを整理すると良いと思います。無駄なことに気付きさえすれば、まず節約しようという気になると思います。
後は、ストレスをあまり溜めずに楽しんで行うと良いと思います。簡単なようで難しいですけどね。
ご家族がいる人なら、家族みんなでするのも良いですね。目標を決めて、貯めたお金で何かをするとか目標を立てるのも良いとおもいます。

誰か100万貸して!どうしても.org